排水管 水漏れの原因を知り対策を講じる

排水管からの水漏れの原因には複数の要因があります。特に床下まで被害が及んでいる場合は、より深刻なダメージを与える恐れもあるため、早めにその原因を特定する必要があります。マンションやアパートなど複数の世帯が暮らす建物の場合は、階下の住宅にまで被害が発生することも考えられますので早めの対応が重要です。日頃から水回りに関する知識を身につけていざという時に役立てましょう。

■水漏れの原因は部品の劣化が多い

排水管および蛇口などからの漏水による、床下の水漏れが起こるというケースもあります。設置してからの期間が長い場合、排水管に劣化が見られることから破損や詰まりにつながり、やがて水漏れの原因となります。また、蛇口も同様に経年劣化しますし、パッキンなどの部品の劣化によっても水漏れは起こりますので気をつけなくてはなりません。これらの箇所は床下の水漏れが発生する原因になるケースが多いと言えますが、しっかりとした原因を特定するためにも専門の業者に依頼して突き止めましょう。

■家財道具を守る
水漏れによる被害は、家電や家具などに大きなダメージを与えかねません。タオルを敷き詰めたり、水濡れしない高い場所へ避難させるなど保護しましょう。中でも木製の家具に関しては被害が深刻です。水濡れによってカビが発生する可能性があるため、しっかりと保護するように心がけましょう。もちろん電化製品の保護も大切です。水に濡れると故障の原因になるため、濡れない場所に移しましょう。

■排水管による水漏れの対処法とは

まずはじめに、応急処置を施しましょう。目に見える範囲内での水漏れに関しては、破損している箇所を塞ぐための補修テープなども販売されています。これらを上手く使って一時的に水漏れを止め、専門の業者に依頼するとともに、修理が必要な個所を使用しないように心がけましょう。キッチンやトイレの排水管の場合は、悪臭につながるケースもありますので意識しておいてください。


■まとめ
日頃の使い方次第で排水管の劣化を予防することは可能です。定期的にパイプ専用のクリーナーで排水管の掃除をすることや、食材のカスを少しでも減らすことなども予防につながりますし、なるべく熱湯を流すことのないようにすることも有効です。こういった予防策を講じるとともに少しでも水漏れを起こしている場合は早めに応急処置をして状況に合わせた対応をしましょう。漏電事故やカビなどから引き起こされる身体への影響、建物の劣化やご近所トラブルにつながってしまうことも考えられます。少しだからといって初期対応を怠ると、新たな二次被害が起こる可能性もあるので可能な限り早めの対応を意識しておきましょう。そのためにも水回りに関する知識を日頃から身につけておくように心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ