排水管 水漏れトラブルの保険に関する知識を身につける

排水管 水漏れは生活に支障をきたす大きな出来事です。場合によっては高額な修理費用を支払わなければならない可能性もありますので、そのような事態に備えて保険に関する知識を身につけておきましょう。何かトラブルが発生してからでは遅いので、日頃から意識しておくことをおすすめします。

■火災保険で被害を補償する

火災保険は補償内容を自身で選ぶことが可能なタイプがほとんどです。火事や自然災害に対する備えももちろん大切ですが、水漏れに備えることの大切さも知りましょう。アパートやマンションなど、不特定多数の人が住んでいる建物は特に注意が必要です。自分だけが気をつけて生活をしていても起こり得る被害ですので意識をしておくことが求められます。
被害が上階からによる場合、原因を特定するに至るまでにはさまざまな困難が考えられます。壁や天井の張り替え、その他水に濡れてしまったものを買い替えるとなると、その出費は数十万に及ぶ場合も考えられます。賃貸物件の場合はオーナー負担になるものの、自分で電化製品の買い換えなどを考えるとそれなりに費用がかさみますので気をつけなくてはなりません。

■排水管の水漏れ被害の賠償について

共有部分での水漏れに関しては比較的賠償を受けやすいと言えますが、個室で発生した場合に関しては状況によってスムーズに賠償を受けられない場合もあります。上階からの水漏れの場合は誰が賠償するのかということでスムーズに進まない場合もありますので頭に入れておきましょう。
それぞれが施設賠償責任保険や個人賠償責任保険に加入している場合は保険で対応できるケースがほとんどですが、これらは加入率がそれほど高くはありません。そこで考えられるのが、火災保険の水漏れ補償です。この水漏れ補償は他人が占有する戸室での水漏れによる損害を補償してくれるもので、仮に上階の人とのやり取りがスムーズにいかない場合でも自分でカバーすることが可能ですので、いざという時に備えて加入しておくことをおすすめします。

■まとめ
上階の人に賠償に応じてもらえなくて納得できない場合もありますが、さらなるトラブルを引き起こしかねませんので注意が必要です。排水管 水漏れは誰でも起こり得ることですので備えておきましょう。反対に加害者になってしまう可能性も考えられますので、個人賠償責任保険に加入しておくと安心です。水漏れ補償も個人賠償責任保険も火災保険に付帯できる補償のひとつですので、一度検討してみることをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ